男女

マンション運営に便利な賃貸管理の会社の見極め方を究明

空室があっても安心できる

街を持つ人

物件管理の必要がない

不動産投資を行うにあたってサブリースの利用が増えているのは、不動産投資を行うにあたり大きな手間となる物件管理を行わずにすむからです。物件管理には多くの業務が含まれています。入居者集め、入居者からの相談対応、退去時の室内チェック、敷金の精算などオーナーは幅広い業務にあたらなければなりません。そのため日中仕事を持っている方や普段なかなか時間を取れない方はこうした業務にあたることは出来ません。しかしサブリースを利用すればこうした物件管理の悩みを解消することが出来ます。サブリースとは、自身の持つ不動産物件をサブリース会社に貸し出し、その貸し出した物件をサブリース会社が入居者にさらに貸し出す又貸し方式のサービスです。不動産投資を行うにあたり必須となるオーナー業務もサブリース会社に引き受けてもらうことが出来るので、オーナー自身は物件管理から解放され利益だけを得ることが出来ます。

家賃保証がある

サブリースを利用する利点は物件管理を行わなくてすむということの他にもあります。サブリースの魅力であり特徴の一つとも言えるのが家賃保証があるということです。不動産投資を続けていく上で不安材料の一つとなるのが空室です。空室が出来てしまうとそれだけ収入も減ってしまいますので、空室に対しては神経質にならざるを得ません。しかし、サブリースは家賃保証があるため、たとえ複数室の空室が出たとしても決められた一定の収入を得ることが出来ます。家賃保証は数年おきに見直されることが多く、最初に契約を結んだ家賃保証よりも場合によっては少なくなってしまうこともありますが、それでも空室に対して心配することなく一定の収入を得られるというのは大きな魅力であると言えます。