男女

マンション運営に便利な賃貸管理の会社の見極め方を究明

マンション投資が人気です

マンション

少額からできる投資

高齢化社会の到来から、退職後の収入に不安を抱くシニアが増加しています。一般的にゆとりのある老後生活を送るには、月額30万円から40万円が必要であると云われています。退職金と年金のみでは充実した老後の生活は不可能であると云われています。現在、退職したシニア層の人気を集めているのが、マンション経営です。マンション経営でもマンションの一部屋を購入して賃貸するワンルームマンション投資に人気が集中しています。マンション1棟を建設したり購入するには多額の資金が必要ですが、ワンルームマンション投資は少額からできるマンション経営です。自己資金が不足する場合には、住宅ローンを使用して購入することもできます。東京都内などには、ワンルームマンションを専門に扱う販売業者が多数います。

空室リスクを検討する

マンション経営にはいくつかのリスクがあります。借入金を資金にしたマンション投資では、マンションに入居者が入らなかった場合には借入金の返済が滞ることにまります。いわゆる「空室リスク」です。「空室リスク」への対策として有効なのが、マンションの販売業者とのサブリース契約や空室保証契約です。サブリース契約では、販売業者がワンルームマンションを一括で借り上げてくれますので、安定して家賃収入を確保することができます。空室保証契約は、マンションの入居者がなかった場合に、家賃の全部または一部を販売会社が保証する契約です。マンション経営を始める前に、販売業者とサブリース契約や空室保証契約を結ぶかを検討する必要があります。また、都心部にあり交通の便のよいマンションについては、マンションの転売利益を見込むこともできます。